HOME > ブログ > 6月キャンプ!梅雨に負けるな!雨対策とオススメの理由
2017/06/05

6月キャンプ!梅雨に負けるな!雨対策とオススメの理由

新緑を楽しめる6月のキャンプ。

少し心配なのが梅雨時期だから雨が降ったらどうしよう…ということ。

今回は梅雨時期のキャンプに、ネイチャーランド椎谷をオススメする理由を紹介します!

 

雨キャンプ…設営&撤収のコツ

水はけのいいエリアを選ぶ

窪地や低地は避けての設営がポイント。

後々水たまりになりやすそうなととろかどうかよく検討して設営しましょう。

場合によっては水路になるように自分で周りを掘るのも手です。

 

 

タープ、テントに水がたまらないようにする

テントやタープに水がたまってしまうと、重みで倒壊する可能性も。

どこかひとつ傾斜をつけ高低差を作ると、雨水が逃げてくれます。

あらかじめテントをタープの下に設営したり、しっかり連結させておくことも大切です。

 

 

撤収時はクーラーボックスとゴミ箱を活用 

濡れたものを撤収するには、食材を入れてきたクーラーボックスが大活躍!

ゴミ袋も2重にすれば安心です。

とりあえず濡れたまま撤収して、帰ってから自宅でしっかり乾かし

次回のキャンプに備えましょう。

 

意外と楽しめちゃう?雨キャンプも悪くない!

雨の日は木々の葉っぱも生き生きとし、いつもと違う生物たちにも出会えるかも。

ちびっ子が長靴大好きなように、大人も一緒に思いっきり水たまりを楽しむのもいいかも。

雨だからといって悲観せず、その環境を楽しんじゃえ!

もちろん風邪をひかないように、乾いたタオルと着替えはたくさん用意して行きましょう。

 

 

 

 

必読!6月キャンプにネイチャーランド椎谷をおすすめする理由5つ

①テントサイトが砂利・・・水はけがいい!

雨キャンプでやっかいなのが、雨水の侵入や浸水。

ネイチャーランドのキャンプエリアがほとんどが水はけのいい砂利なので、

撤収時テントが泥で汚れてしまうことも避けられます。

 

 

②屋根付のBBQエリア

場内には屋根付のBBQエリアもあるので、いざという時は快適にお食事を楽しめます。

 

 

③無料シャワー&近くには温泉施設も充実

キャンパー用のシャワールームは、なんとタダ!

もちろん温水も出るので、小さなお子様連れでも安心。

営業時間内に声をかけてもらえれば、管理棟でドライヤーの貸し出しもします。

風邪だけはひかないように!

車で10分のところに、とうりんぼ 桃の湯大崎温泉 雪割草の湯もあります。

 

 

④そもそも…6月の降水量が少ない!

これはスタッフも調べてみてびっくり&なるほど。

東京に比べて梅雨入りが遅い分、6月の降水量は少ないのです。

ちなみに4月〜10月にかけての日照時間も東京より多く、

9月10月の降水量を見ると、ダントツで新潟の方が少ないのです。

※参考 「新潟地方気象台」http://www.jma-net.go.jp/niigata/menu/bousai/met_character.shtml

 

 

⑤ダメ押しの雨の日割引をご用意

悔しくも予約して楽しみにしていた日が、あいにくのお天気になってしまった場合、

管理棟にてスタッフに「ブログみました!」とお伝え頂くと、

雨の日限定10%割引いたします。

雨でもばっちり楽しめる近所のオススメカフェ情報もお伝えします♪

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ポイントさえわかっていれば、雨でもキャンプはきっと楽しめるはずです!

ベテランキャンパーさんは、

「テントに当たる雨粒の音が意外と心地よくて、子守唄代わりになるんだよ〜」

なんて言っていました♪

 

もちろん晴れたらラッキー!

でも、、雨でもラッキー!!

 

そんな気持ちで遊びにきて下さい。

 

 

 

関連記事